読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せかいや

いまいるここを、おもしろく http://sekai-in-the-box.appspot.com/

未来食堂を始めました

お久しぶりです。
お元気でしょうか。

 www.pr-table.com
 

早ければ来年の秋頃、小さな食堂を開く予定です。
名前は "未来食堂" です。
荒唐無稽な話ですね。でも多分自分なら出来ます。
クックパッドに入社しました&クックパッド辞めます&エンジニア辞めます&会社員辞めます&ブログ辞めます - せかいや

思っていた時期に開店することが出来ました。


元気にやっています。
またいつか、お会いしましょう。

クックパッドに入社しました&クックパッド辞めます&エンジニア辞めます&会社員辞めます&ブログ辞めます

 
■topic
I will say you bye-bye.


すみません、タイトルのとおりです。

 
1月1日にクックパッドに入社して、
『転職エントリというものを書いてみたいな』と思う間もなく、
早4ヶ月で会社を辞める運びとなりました。

展開早いです。
Rubyの勉強を始めてからまだ1年も経っていない、とかびっくり。

 
えーっと、色々諸々がまだ上手く言語化できていません。
書けないこともたくさんあるし、申し訳ないという思いが先に立って、何かを表現することがすごく難しいです。

 
■入社の経緯
『食卓は人生を作る』と強く思っていたし(今も)、何よりも、前職からすごく尊敬して大事に思っていた先輩がクックパッドに入社したことが大きかったです。
こういう記事とか、"師匠" でこのブログを検索して出てくるやりとりを少しでも見ることがあれば、師匠がどんなに自分に労力を掛けてくれていたかが伝わるかもしれないです。
こんなに理想の師匠がいて羨ましいと書かれたこともあったけれども、私もそう思います。

個人的な話になりますが、自分は「一緒にやる人がいれば頑張れる」タイプで、「人」に対する執着心がものすごく強いタイプです。
それはおそらく、18の時に家出をして東京に来て、全くの一人ぼっちで数ヶ月を生き延びた経験が根底にあるのだと思いますが、今はその話はちょっと置いておいて、、

とりあえず、そういう自分が「"エンジニア"としてどうモチベーションを保つのか」という問に、きちんとした正解が出せなかったことが今回の結果かなと思います。

 
色々諸々が上手く書けないですね。
"すみません" しか出なくて、ダメですね。
今はまだ、あり得たかもしれない可能性を考えてくよくよしてしまう毎日です。
弱虫者です。

 
ご迷惑をお掛けしました。

 
今後の話もしたいけれどもまだ少し難しいみたいです。
「エンジニア」ではなく「食」に従事していきたいと考えているので、
したがってこのブログの以降の更新はありません。

すごくもったいない気もするけれど("こんなに頑張ったのに!"って)、
クックパッドから貰った大きな気付きは「やりたいことをやれ」というもので、
私はこの気付きが得られただけでも、入社して数ヶ月を過ごして本当に良かったと思っています。それは、色々あったけれども、掛け値なしに本当の感情です。

 
今までの自分は「大手企業で働いていないと死んでしまうんじゃないか」と本気で思っていたし、
"いい大学/いい会社/いい仕事/いい伴侶/いい子供/女らしさ"、そういう全ての手札を手に入れて、その上 少しでも高得点の札を手に入れるゲームにどっぷりハマっていた、ゲームを降りたくてもどうやって降りたらいいのかわからずにいた感じがします。
この辺りの感覚は女性のほうが共感してくれるかな。女性は「母・妻・女」の全てのカードのバランスが見えにくくて、でも少しでも点数を上げたくて毎日を生きている人が多いと思います(周りと話していても)。

女性でありながら理科系のむつかしい大学に入って、大企業に入って、若くして子供も産んで、更に勉強を重ねて転職して、、っていうインフレーションの中で、「もういい加減にしてくれ」「どうして誰も褒めてくれないんだ」という薄ぼんやりした気持ちがありました。
でも「誰かに褒めて欲しい」という感情は、本当に好きなことをやっていたら起こらないものです。現状に加えて「"エンジニア"として、"もっと" "ずっと" 頑張れ」というのが自分には背負いきれなかったのかなと思います。

頑張り屋の性格で、地頭が壊滅的に悪いわけではない自分は、エンジニアとして期待されればそれなりに応えてしまえるかもしれないけれども、こういった展開となったこともあり、本当にやりたいことに挑戦しようと思います。それが、"こんなに頑張ったのに!"ってあえて思わない理由です。まあ、頑張るくらいは普通だし。。

 
なんだかんだ言って、一番は師匠に褒められたかったんだろうな。
そうやって考えるとこのブログはぐるっと回ってラブレターみたいなものかもしれない。
こんな結末になった以上、褒められるどころか怒られることすら叶わなくなってしまったけれども。


ご愛読、ありがとうございました。

このブログのアイコンが「浮き輪」だったのは、何をしていいのか分からず何者になれるのかも分からないままITの海で遭難していた自分が、ぱっと思いついたものだったのですが、今も気に入っています。皆さんとのやりとり一つ一つが "浮き輪" でした。


今後何かありましたら(なくても)、
sekaiya.blog@gmail.com
までご連絡頂ければ幸いです。

早ければ来年の秋頃、小さな食堂を開く予定です。
名前は "未来食堂" です。

荒唐無稽な話ですね。でも多分自分なら出来ます。

 
短い間でしたがありがとうございました。
そしてすみませんでした。


 
またいつか、再会しましょう。

読書メモ UNIXの絵本

以前、読んでおきなさいと勧められた本のうちの一つ、
UNIXの絵本を読みました。

 

UNIXの絵本

UNIXの絵本

 
さすがにちょっと簡単すぎる感はあったけれども、
学習したところのメモ。

シェルとカーネル

シェルはカーネルを包み込むもの。シェルは何種類もある。
カーネルはOSそのもの。

 

圧縮とアーカイブの違い

UNIXではサイズを小さくすることを圧縮、複数のファイルをまとめることをアーカイブと呼んで区別することがあります。

なるほどー。
だからtar コマンドを使うのか。

アーカイブするだけなら拡張子は.tar ...圧縮まで行うと.tar.gzのように2つの拡張子が並んだファイルが作られます

ふむふむ。


 

環境設定ファイル

.bash_profile から .bashrc が呼び出される

ファイル読み込み順序(存在したらそのファイルを読む)↓

.bash_profile -> .bash_login -> .profile

 
ふむふむ。

札幌市中央区Ruby会議01 に行ってきました

■summary
I wnt to SapporoRubyKaigi01.


先日2月8日に行われた[札幌市中央区Ruby会議01](http://regional.rubykaigi.org/chuork01/)に出席しました。

写真はないのか!?

写真はないのです。。すみません。
当日は飛行機が大幅遅延(搭乗した便以降はすべて欠航)、着いてすぐ会場移動、と、全く写真を撮る時間がありませんでした。そして、あまりの寒さにポケットから手を出せなかったというのも真相です。

全体を通して

せっかくオフラインで集まったのだから、というスタッフの気遣いが感じられました。Rubyアジャイルについての本が受付に自由に並べてあり、手にとって楽しめる形式なのが良かったです。学生の参加も目立ち、年齢的に若めの印象を受けました。


自分のLT

タイトル『惚れちゃうコード』
内容:
弊社のコードレビューで学んだ点を中心に、クイズ形式でご紹介。
取っ付き易い内容だったためか、結構楽しそうに聞いてくれている感じでした。
技術コミニティでの発表は初めてでしたが、予想以上に楽しく話すことが出来ました。

発表資料はこちら。
http://www.slideshare.net/sekaiya/rubylt


参加の経緯

4月に行われる[大江戸RubyKaigiで発表枠をもらい](http://lanyrd.com/2014/oedo04/)、
せっかくだから発表前にKaigiの雰囲気を掴みたいと思ったのがきっかけです。
札幌中央Kaigiは大江戸Kaigiと雰囲気が似ていると聞いたこともあり。

各コンテンツ

Rails あるある 佐藤竜之介

Rails には便利な機能が数多く存在しますが、使い方を間違うと逆に開発/メンテナンスしづらいものとなってしまう機能も少なくありません。 本発表では、私の体験をもとに Rails で開発を行なっていく中での Rails(や gem)の魅力的な機能とついついやってしまいがちな間違いを例に挙げつつ、 メンテナンスしやすいコードについて考えてみます

Ruby札幌の方。簡単に作れるがゆえに、後から気づくと変更や次の開発が辛くなってしまう経験を元にお話されていました。現場での経験を元に4つのアンチパターンとして具体例を紹介し、サンプルコードを見ながらの解説だったのでとても引き込まれるものとなりました。皆さん思い当たることがあるのか、あるあるネタを発表するたびに苦笑いが起こることもありました。紹介されたアンチパターンについてはぜひ添付の資料を参照ください。
http://www.slideshare.net/tricknotes/rails-possiblestory

ひでお(仮) ヽ(´・肉・`)ノ

タイトルは「ひとりDevOps」の略です。自分にとって使いやすいRuby開発環境を求めて色々試してみたところ、いくつか便利なツールがありました。 それらについてのご紹介と、その環境を皆様のお手元で簡単に利用できるようにする方法をお伝えします。

開発、運用もひとりでやって来た中での気づきを共有してもらいました。発表は「壮大過ぎる」DevOpsまでは辿り着かず、
CI環境についてを中心に、仮想環境の作り方について話をもらいました。
http://slide.rabbit-shocker.org/authors/niku/hideo-at-sapporo-chuork01/

なるはや Ruby on Rails 浦嶌啓太

速さは正義です。一口にパフォーマンスチューニングといっても様々な側面がありますが、今回は実装と設計の微妙な狭間を切り口に Rails アプリケーションを「なるはや」にするための基本的な考え方をお話します。

との予定でしたが、こちらも壮大すぎたためか、主に最近のRailsで利用可能なWebサーバーの使い分けについてのお話となりました。並列処理はマルチプロセス・マルチスレッドなど様々な実現方法がありますが、アプリケーション・サーバーはそれぞれ実装方法が異なります。例えば IOバウンドな処理が多い時(マルチスレッド)はPumaを使うなど、実例を元に紹介いただきました。


趣味プロダクト開発で楽しいコードライフワークを送る 小玉直樹

私は日々の仕事でコードを書くのと同時に趣味で Ruby on Rails を使った「かんばりすと」や「コタれん」などのWebプロダクトをいくつか作ってきました。 自分が作りたいものを好きなように作るこれら「趣味プロダクト」の作成を通して、ふつうのプログラマである私が日々コードと楽しくふれあい続けていくために行ってきたことや、その中で起こった出来事、そして日常の仕事への関わり方の変化についてお話したいと思います。

日々の継続するモチベーションのあり方や、開発当初はどんなあり方だったのかを一からお話いただき、敷居が高いように感じさせるWebアプリケーション開発が身近に感じることができました。素朴な思いからスタートして、2012のRubyKajaで表彰されるまでになったとは、とても素晴らしいですね。
感動のスライドはこちらです。
http://www.slideshare.net/volpe_hd28v/ss-30978251

高架下のRuby 横山昌史

私はRubyが好きで、毎晩のように使っています。ですが、Ruby on Railsはほとんど使っていません。この発表では、RubyRuby on Railsと一緒にしか使ったことがない人を主な対象として、Rubyのいろいろな使い方を実演を交えながら紹介します

コマンドラインやデスクトップツールの開発に携わる横山さん。「Railsを使う機会がなくてもRubyを活用できる」というメッセージに、最近Rubyを書いていない自分は反省しつつ聞いていました。。
http://slide.rabbit-shocker.org/authors/myokoym/chuork01/

Ruby in Project-Based Learning 梅本祥平

最近は大学の授業でも、企業と同様にチームを組んでソフトウェアを作る、新しい取り組みが行われています。 この発表では、私が大学の授業のなかでRubyを使った開発やアジャイルな開発の実現のために取り組んできたことを紹介し、 皆さんの現場の改善に役立てられるヒントを提供できればと考えています

発表資料はこちら。
https://speakerdeck.com/shouheiumemoto/ruby-in-project-based-learning


大学の豊富な写真をみていると、ピカピカの校舎(備品のPCはほぼMac)が羨ましいなと感じました。
体験談をベースにお話をいただきました。大学ではプロジェクト学習という名前で、チームでソフトを作成する授業があるんだとか。いわゆるテキストベースの勉強と異なり、新しい形の学習体型と言われています。人から影響をもらうことがたくさんあり、その中で自分も人に影響をあたえることが増えてきて、世界が少しずつ変わっていくというメッセージが印象的でした。 オススメされた本の感想はこのブログにも書いておきました。http://sekai.hateblo.jp/entry/2014/02/13/080119




それNArrayでできるよ 前田智樹

数値計算や研究だけでなく、ビジネスでもすぐに使えるNArrayの操作と知識をやさしく解説します。
Rubyとの関係は15年以上になり、その中で身近に感じているNArrayの紹介

ArrayとかHushで遅さを感じていたところから、NArrayを日常から使うに至るまでの紹介。NArrayのsumはCのsumを使っているので早い。というところから、実際に1000万データ数を扱う人から使用上の質問が来たり、Ruby会議らしい白熱した要素を見せました。


https://speakerdeck.com/tmaedax/sore-narray-dedekiruyo



# 。。。
しかし4月は何を話そう。。。つづく。

【読書メモ】アジャイルソフトウェア開発

■summary
I read book about Agile.


先週末は札幌中央区Ruby会議01に参加したのだけど、
その中で、梅本祥平 (@shouheiumemoto)さんが、自分の経験を元にアジャイル開発のための取り組みを話していました。

ここに詳細がありますね。
 
資料はこちらにアップされています


で、お話が終わった後に、
アジャイルって色んな細かい手法があるけれども、何が一番響いたとか知りたいです」
とお聞きしたら、XPプログラミングの楽しさと合わせて以下を紹介してくれました。

アジャイルソフトウェア開発 (The Agile Software Development Series)

アジャイルソフトウェア開発 (The Agile Software Development Series)

 
ということで読んでみました。

前半がかなり抽象的。。
タイトルから「ソフトフェアと詩」だし!

全体的にチーム内コミニケーションを向上するための方法が色々書いてある。
今はあまり使われなくなった(らしい)「クリスタル方法論」についての記載は初見。

プロジェクトミッションの重要度(例えば電子力発電のシステムは重要度高)に応じて、
開発手法を柔軟に変える話。

でも、"そりゃそうだろうなあ、、"みたいな感想しか全般に持つことが出来なかった。

読み進めていくと、「武蔵」の武道がソフトフェア開発にも有用であることを示し、
五輪書が記載されていて本は終わった。


ううむ、、、。
自分がプロジェクトを1から作るとなったら、ここでの学びが色々生きてくるのだろうか。

元々、フロアの違うメンバーには週イチでお菓子を持って行くくらいの気配り(女子力!)があるタイプなので、書いてあることに新鮮さがなかったのかもしれない。

「今では自然」になってしまったことがたくさんあって、自分の心が動かなかったのかな。。

 
梅さんは3月に東京に来られるそう。
また色々聞いてみよう!

クックパッド「とりあえずこれ読んどきなさい」と言われた本5冊

注意

このエントリは、会社の公式見解などでは全くありません。
社内のエンジニアたちのグループチャットで聞いて、集まった意見をまとめただけです。

このエントリはただの備忘録として書き留めただけだったのですが、
全く予想外に、多くの反響を頂き戸惑っています。。
頂いたコメントの中には「このレベルも知らないでクックパッドに入れるのか」といったものもありましたが、
一応、個人的には、例えばDB周りだとオラクルシルバ取得程度の知識はありますm()m
「良い環境にいるのだから改めて初心で勉強したい」という旨で皆に尋ねた結果であり、、
もしガッカリさせるようなことがあれば非常に心苦しいです。

良くも悪くも自分がこれらを消化できるかという話なので、
ここに並んでいる本を見てクックパッドをどうこうは思ってほしくないです。。
申し訳ありません。。。

summary

the books which I have to study.


お久しぶりです。

クックパッドに年明けから入社したものの
順調にITの基礎知識がないことが露呈されており、

「この本読んだら」といわれたので、読むことにします。

Linux標準教科書

実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版

実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版

UNIXの絵本

UNIXの絵本

マスタリングTCP/IP 入門編 第5版

マスタリングTCP/IP 入門編 第5版


うーん、、、

今はCentOSのisoイメージをダウンロードしているところです。
辛い!

【Ruby】Enumerable と Enumerator の違い がやっぱりピンとこない

■Topic
I study about Enumerable and Enumrator. but i still wonder about it.


うーん。。。。
Enumerator は Enumerable を継承しているから、より限定されているイメージ。

例えば、

[1,2,3].with_index{|e, i| e+i }     ←NoMethodError
[1,2,3].map.with_index{|e, i| e+i }  ←[1, 3, 5]
[1,2,3].select.with_index{|e, i| e+i < 5 } ←[1, 2]

あーなるほど。。
Enumerable に、イテレート方法を合わせたものが Enumerator というイメージかな。

ちなみにインデックスを使った結果を返したい場合は、

[1,2,3].select.with_index{|e, i| e+i < 5 }
[1,2,3].map.with_index.with_object([]){|(e, i), arr| arr << e+i if e+i < 5 }

■実行結果

[1, 2]
[1, 3]

ううむ。